女性の資格取得を応援するSARAスクールジャパン

SARAスクールは女性のための資格取得の通信講座です

大人の夜泣き、「涙活」でストレス発散!

こんばんは!

本日は「涙活」をテーマにお話したいと思います。

 

突然ですが、皆さんは最近いつ涙を流されましたか?

 

泣くことに、「かっこ悪い」「恥ずかしい」といった

イメージを持たれる方が多いように感じます。

 

たしかにそういう風潮がありますし、

辛いことがあった時に涙をぐっとこらえて

笑顔を頑張ることは素晴らしいことだと思います。

 

ですが、我慢をしすぎるとメンタルに不調が生じてしまいます。

 

社会の中で生活する上で、ストレスを受けることはたくさんあって、

人はある程度ストレスを抱えても寝ることでリセットされ、

ある程度メンタルは回復するものです。

 

しかし、ストレス蓄積していくと、いつかは崩壊し、

うつ病などの心の病気に発展してしまうこともあります。

 

そうならないために、

どこかで溜まったストレスを発散させる必要がありますが、

その対策の1つとしておすすめなのが「涙活」です。

 

実は人が何かに共感して流す涙には、

元気をサポートする神経ホルモンの1つ「セロトニン」の分泌を

促進する作用があるといわれています。

 

また、思いっきり泣くと嫌なことへの意識が薄くなりますし、

疲労感も出てきていつもより寝やすくなったり、熟睡しやすくなります。

よく、ドラマや映画などで大泣きした後に

ぐっすり寝ているシーンがあったりしますよね。

 

さらに、泣くことで自分の本当の気持ちに気づいたり、

自分に対する理解が深まり、自分を表に出せるようになることもあります。

泣きたくないという人は、無意識に自分に対して壁を作っているのです。

 

ほかにも泣くことのメリットはたくさんあります。

 

泣くことは「かっこ悪い」「恥ずかしい」と思っている方でも、

1人の時であれば少しは抵抗が少なくなるのではないでしょうか。

 

ストレスを溜め続けると心身ともに弊害が生じますので、

泣きたいという時には思いっきり泣いてみましょう。

 

泣きたいという状況にない場合でも、

お休みの日などに感動する映画などを観て、泣いてみてくださいね。

 

ストレスを自覚していない人でもストレスは溜まっているものですから。

 
--------------------------------------------------------------------------
SARAスクールでは、「心理」に関する講座を多数ご用意しています。
興味がありましたら、お気軽にお問合せください。
→ https://www.saraschool.net