女性の資格取得を応援するSARAスクールジャパン

SARAスクールは女性のための資格取得の通信講座です

食後のヨーグルトのススメ!暴飲暴食しがちな方に

みなさん、こんにちは!

今回は「食後のヨーグルトのススメ」をテーマにお話します。

 

ヨーグルトは健康に良い食品であることは

多くの方がご存じのことと思います。

 

健康に良いと言っても、実はさまざまな健康効果が実証されていますが、

その中でも特筆すべきが「消化・吸収促進」と「整腸」作用です。

 

ここ1年はコロナの影響で苦しい生活が続き、

今後の見通しも立たず、同様の生活がしばらく続くはずです。

 

そんな中、ストレス解消のために暴飲暴食する人が増えていると聞きます。

自粛要請が続いていますので、外出を控えると、

おのずと家で出来ること、とりわけ食に走りやすいので、

暴飲暴食する人が増えているのは仕方がないことです。

 

ですが、暴飲暴食すると太ってしまうだけでなく、

体の不調にもつながってしまいます。

 

体の不調は胃腸の状態によって左右されやすく、

胃腸に負担の大きい食事を続けると、

せわしなく消化・吸収を行う必要があるので、

胃腸は休まらず、疲れてしまいます。

 

その結果、体が疲れやすくなったり、肌の調子が悪くなったり、

免疫力が低下してコロナなどの感染症にもかかりやすくなります。

 

ですから、暴飲暴食は健康に大敵なのです。

とはいえ、ストレスを食で解消している方にとって、

暴飲暴食を控えるのは容易ではありません。

 

そこで取り入れて頂きたいのが「食中・食後のヨーグルト習慣」です。

 

ヨーグルトには乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が多く含まれ、

これらの菌に食べ物の消化・吸収を助ける作用や、整腸作用があります。

また、血圧を下げる作用や血清コレステロールを下げる作用もあります。

 

そのため、食事にヨーグルトを取り入れるだけで、

胃腸の負担を軽くし、腸の調子が悪くなるのを防ぐことができます。

 

ただし、ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌は胃酸に弱く、

お腹に何も入っていない時に食べると、

胃酸によって乳酸菌やビフィズス菌が腸へ十分に届きません。

 

ですから、お腹に食べ物が入っている時、

つまり食中もしくは食後に食べることが大切なのです。

 

ヨーグルトは価格が安く手軽に食べられますし、

はちみつやジャムを入れたりして味を変えやすいので

飽きることなく長く続けやすい食品です。

 

暴飲暴食すると健康に悪影響を及ぼしますので、

暴飲暴食を控えるのが難しいという方は、

ぜひ毎日の食事にヨーグルトを取り入れてみてくださいね。

 
--------------------------------------------------------------------------
SARAスクールでは、「食、美容食」に関する講座を多数ご用意しています。
興味がありましたら、お気軽にお問合せください。
→ https://www.saraschool.net