女性の資格取得を応援するSARAスクールジャパン

SARAスクールは女性のための資格取得の通信講座です

料理の脇役スパイスにもさまざまな健康・美容効果が!

みなさん、こんにちは!

今回は「スパイスの栄養」についてです。

 

スパイスと聞くと、

料理の味や風味づけするためのものと考えがちですが、

実はスパイスにはさまざまな健康・美容効果が秘められているのです。

 

そもそもスパイスは古くから重宝され、中国やインドをはじめ

世界各国で薬に用いられてきた歴史があります。

 

特に大航海時代では海上貿易が盛んに行われるようになり、

国同士がスパイスを巡って戦争をすることもあったほどです。

 

スパイスは100種類以上ありますが、

その多くが高い健康作用を持っています。

 

たとえば健康を促進する成分を多く含むスパイスとして、

ブラックペッパー、コリアンダー、クミン、

山椒、カルダモン、オールスパイスなどが挙げられます。

 

これらの中でもよく使うブラックペッパーには、

ピペリンという成分が入っていて、

この成分が血行を促進し冷え性の改善に役立ちます。

 

また、コリアンダーには食欲増進や血液の浄化作用、

クミンには整腸作用や解毒作用がありますし、

山椒には胃を強くする効果や発汗作用などがあります。

 

このような健康促進に役立つ作用だけでなく、

美容に効果の高いスパイスもたくさんあります。

 

たとえば、比較的有名どころでは

シナモン、ターメリック、クローブ、レッドペッパー、ヘンプなど、

 

これらの中で、シナモン、ターメリック、クローブには

アンチエイジングに役立つ抗酸化成分が含まれています。

 

また、シナモンには毛細血管を修復する作用、

ターメリックには肝機能を活性させてコレステロールを下げる作用、

クローブには腸内にたまったガスを排出させる作用などもあります。

 

ちなみに、絶世の美女と謳われたクレオパトラは、

美容のためにさまざまなスパイスを重用していたという話があって、

上記の中ではクローブをアロマとして使っていたようです。

 

ほかにも健康・美容効果の高いスパイスはたくさんありますが、

いずれにせよスパイスは味や風味づけとしてだけでなく、

私たちの健康や美容をサポートしてくれています。

 

あまりスパイスに頼らない日本食も美味しく、健康的ですが、

スパイスの多い料理も健康や美容に役立ちますし、

スパイスの種類が増えるとその分料理の幅が広がりますので、

ぜひいろんなスパイスに目を向けてみてくださいね。

 
--------------------------------------------------------------------------
SARAスクールでは、「健康食、スパイス」に関する講座を多数ご用意しています。
興味がありましたら、お気軽にお問合せください。
→ https://www.saraschool.net